プロバイオティスクで肌を美容に導く。肌の菌とは?

虫と肌。連想するだけで、うずうずしてきます。しかし、ここ数年、プロバイオティクスを配合したスキンケア製品が爆発的に売れており、顔色のあらゆる悩みを改善し、さらに興味深いことに、通常の老化の兆候を遅らせる力についても調査する研究が急増している。
ラクトバチルス・プランタラムやビフィドバクテリウム・ロンガムは、アルファヒドロキシ酸(AHA)やベータヒドロキシ酸(BHA)と同じくらい、スキンケア用語の基本になっているのである。しかし、肌のマイクロバイオーム(微生物群)に関する研究はまだ初期段階にあり、プロバイオティクス美容はまだ未知のカテゴリーといえるでしょう。
その通りです。私たちの皮膚には、1兆個以上の細菌が生息し、這い回り、間食し、代謝し、およそ1000の異なる種が存在します。これらのバクテリアは、感染症に対抗し、環境からのダメージを軽減し、免疫力を高め、pHレベルを調整し、私たちの肌をふっくらと輝かせるために存在しているのです。また、細菌の多様性が重要であることもわかってきました。ニューヨークのマウントサイナイ医療センターのアイカーン医科大学皮膚科臨床助教授で、『The Beauty of Dirty Skin』の著者であるホイットニー・ボウは、「皮膚の細菌の種類が多ければ多いほど、皮膚のバリアはより健康になり、乾燥、炎症、かゆみ、刺し傷は少なくなるでしょう」と、Allureに語っています。
これらの体内の虫は、私たちの腸に生息する微生物の巨大なコロニーとも複雑な関係を共有しています。そのため、模範的な腸の健康は、最近、一種の美容目標となっています。腸内環境を整えることは、透明感のある肌をつくる秘訣であり、私たちがコンブチャに夢中になる原動力にもなっています。もちろん、発酵茶にはプロバイオティクスが豊富に含まれています。
このプロバイオティクスは、私たちの肌にどのような影響を与えるのでしょうか?コンブチャやその他の発酵食品(キムチ、味噌、ケフィア)からプロバイオティクスを摂取したり、サプリメントの形で摂取すると、腸内の内在性細菌に加わり、健康な腸管バリアに必要な微生物叢の多彩なミックスが追加されるのです。
そして活気的なクレンジングが開発された。これは日本製の商品で肌の菌を補充しながら皮脂やメイクなどの貯留物を除去する。