夢を正夢にする方法を紹介します

鳥みたいに空を飛んだり、映画みたいな世界にいたりと、寝てみる夢は楽しいですが、あなたは最近何の夢を見ましたか?時々現実になってほしい夢がありますが、実は簡単に正夢にできるのです。今日は私が、夢を正夢にする方法をご紹介します。
初めに、寝る時に見た夢を正夢にするのに必要なのは「記憶力」です。例えば、テニスをする夢をみます。現実では未経験なのに夢の中ではプロ級の腕前で、楽しいと思いながら目が覚めます。この時に、その夢を忘れないで覚えていると、身の回りで色んな正夢になるのです。テニスの話題を見たり聞いたり、偶然テニスボールが飛んできたりと、夢と関連が近い事が起こります。夢の内容と全然違うから正夢じゃないと思いますが、これも立派な正夢で、身近すぎて気づいていないだけなのです。
ですが、反対に嫌な夢を正夢にしたくない時もあります。こんな時は、その夢を誰かに話すのが一番です。寝てみる夢は誰にも言わず、記憶しながら心の奥にしまうと正夢になりやすいので、嫌な夢は言葉にしてはき出す事をオススメします。
最後に、夢を正夢にする方法をご紹介しましたがいかがでしたか?言って叶えるのが将来の夢、言わないで叶えるのが寝てみる夢なので、楽しい夢を忘れないようにしましょう、忘れたら夢は叶えられないのです。
読んでいただきありがとうございました。
geeksalon