ICLレンズの概要とメリットとデメリットについて

ICLとは、フェイキックIOL(眼内レンズ)と呼ばれるレンズを目の中に挿入し、光の屈折を変えることで近視、遠視、乱視を治療する手術です。基本的には強度近視の患者さんが対象です。
フェイキックIOLには、虹彩把持レンズ(Artiflex Artisanなど)と後房レンズ(ICL)の2種類があり、後房レンズは、虹彩把持レンズと後房レンズの2種類があります。
これにより、眼圧上昇を防ぐためのLI(レーザー虹彩切開術)が不要となり、患者様の負担を軽減することができます。また、光学直径を大きくすることで、夜間の光のにじみを軽減することができます。
ICLは生体親和性に優れ、長期間にわたって透明性を維持できるため、加齢性白内障の手術を受ける年齢まで装着したままにすることが可能です。また、眼球を手術前の状態に戻すことがほぼ可能であることも利点の一つです。角膜に触れないので、ドライアイになることもありません。
また、最近レンズが「EVO+」に変わり、夜間のハレーションやまぶしさが軽減されました。
患者様からすると、目の中の手術ですから、手術中は恐怖感があります。麻酔をかけるので、手術中の痛みはありませんが、まぶしさや目を開けるときの痛みなどの不快感は避けられません。
また、角膜の手術に比べ、手術費用が高くなることもデメリットの一つです。
眼内手術特有の合併症のリスクもありますので、ICL医療を実施する上では、入念な検討が必要となります。
全国のICL眼科については、以下のICLラボのサイトでくわしくまとめられています。
https://eye-floater-icl.com/